大判のマグネット印刷について詳しくご紹介します!

このサイトでは、大判のマグネット印刷についての情報をご紹介しています。
ホワイトボードに貼りたい情報を大きなサイズに印刷することに関してやPOPも作れる点、さらには素材を選んで制作することで汚れに強いアイテム制作も出来るといったことにも触れています。
さらには強度はどの程度なのかなどの、気になる点も扱っているサイトです。
これから大きなサイズでマグネットを製作することを考えているのであれば、目を通すことをお勧めします。

大判のマグネット印刷をしてみましょう!

大判のマグネット印刷をしてみましょう! マグネット印刷を利用してオリジナルのアイテムを製作すると、様々な用途に使用することができます。
販売促進のために制作したり、オリジナルグッズを製作したりといったことに役立てられるほか、車用のステッカーとして使用することも可能です。
広告宣伝のための配布物のイメージが強いかも知れませんが、アイディア次第で様々な用途に活用できます。
大判のものを制作すれば、会社でホワイトボードに張り付けて使用したり、車に貼って使用することもできるでしょう。
さらには学校の教材として使用することもできます。
こうしてマグネット印刷で制作したものは、屋内で使用するのみならず、屋外でも使用することが可能です。
ポスターのようにして販売促進に使用することもできます。

大判のマグネット印刷はどう使う?使い道と選び方のポイント

大判のマグネット印刷はどう使う?使い道と選び方のポイント ノベルティなどでマグネット印刷を利用しているという方も多いのではないでしょうか。
大量に印刷したいときは比較的安価で印刷ができますし、配りやすいアイテムでもあるのでノベルティにピッタリですが、実は大判のマグネット印刷も多くの企業で利用されているというのをご存知でしょうか。
まず大判のマグネット印刷の使い道の一つとして、社用車に貼るというものがあります。
貼っておくだけで走っていれば宣伝効果を得られるので、導入していないという方は今すぐにでも導入するのがおすすめです。
車に貼るものは、屋外でも使用できるタイプの耐水性や耐候性の高いものを選ぶと、長期間使えるようになります。
また一時期だけ宣伝したいものを印刷するというのも、おすすめの使い道です。
その期間が過ぎたらきれいにはがすことができますし、もちろん再利用をすることも可能です。
紙などの媒体より耐久性が高いので、何度も使用する必要があるという場合は、マグネット印刷を選ぶのがおすすめです。
小さいものは利用したことがあるけど、大判のものは使い道がよくわからなかったという方も、利用の仕方ではノベルティよりもっと宣伝効果が得られる可能性もあります。
ぜひ導入を検討してみてください。

マグネット印刷を依頼する前に知りたい、印刷方法の種類

マグネット印刷の方法はいくつかの種類に分かれており、デザインや数量・納期に応じた方法を選ぶ必要があります。まず小ロットでマグネット印刷を行いたい場合は、インクジェット出力がおすすめです。インクジェット印刷によって出力したものを、マグネットの表面に貼り付けます。耐候性を持つ素材とラミネート加工を併用することで、屋外での使用も可能です。数量が多くなるほど、単価が安くなる点はよく覚えておきましょう。
反対に大量に作りたい場合は、シルク印刷を利用します。シルク版材に、インクを一色ずつ落として引きのばして印刷する方法です。一つの色につき一枚の版が必要となるものの、こちらも数量が増えるごとに単価が下がります。単色を繰り返し刷っていく方法となるため、複雑な彩色・デザイン製作には不向きです。インクを厚塗りするため耐候性に優れており、屋外で使用する場合は特に推奨される手法です。
版に直接インクを着色して、刷っていく手法がオフセット印刷となります。多色刷りが可能であり、フルカラー版やグラデーションなど複雑なデザインに向いています。インクの厚みが薄いため耐候性に難があるものの、美麗な製品を屋内で使いたい場合におすすめです。

マグネット印刷を利用する時に屋内型であれば低単価で購入できます

宣伝用や販売促進用として会社や店舗運営を行っている方は、マグネット印刷を用いる方法は全国各地で採用されています。薄くて柔らかい素材のマグネットシートに対して、表面に宣伝用のデザインを施したシールを貼り付ける方法があり、ホームセンターを利用すると資材を集めることは可能です。
50枚程度の少ない数では自主制作でも対応はできますが、品質を更に向上させ屋内型でも一定の耐水性を持たせたマグネット印刷を大量に必要とする会社では、専門会社がネット上で公式サイトを設けているので、専門会社に依頼をした方が高品質で完成度が高いマグネットを作り出せます。冷蔵庫や給湯器など金属部分に貼り付けて消費者は利用をするものなので、通常は手の平サイズよりも小さ目なタイプが人気があります。
専門会社に依頼すると料金面を気にする方もいますが、100個では1枚当たりの単価は約100円、300個では1枚当たり65円などと、発注するロット数が増えると単価が下がるサービスを行う会社があるので、十分に高品質でも安く作ることは可能です。

マグネット広告の参考サイト

マグネット印刷

新着情報

◎2021/2/15

ネットで商品選択
の情報を更新しました。

◎2020/11/13

大判マグネット印刷の強度
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

汚れにも強いマグネット印刷
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「マグネット 使い道」
に関連するツイート
Twitter