大判マグネット印刷の強度

大判マグネット印刷の強度

大判マグネット印刷の強度 大判マグネットとはB3以上の大きいサイズで、裏面が磁石になっているポスターのようなマグネット印刷になります。
裏面はマグネットなので磁石がつく鉄やスチールなら貼り付けや、外すことも可能で貼り替えがしやすく再利用も出来ます。
大きなサイズのマグネット印刷だと、業務用ロールタイプのシートを材料にし、例えば最大幅が1.0mや長さが5.0mなど特殊サイズも製作可能です。
他にも不定形サイズ・角を丸くする・自由な形にカット加工も出来ます。
商品PR・イベント告知・企業広告の車用や、交通安全・防犯用の車用、営業時間案内・お客を誘導する店舗用看板としても使えます。
他に表面へホワイトボードを施した予定票・工程表・目標展示用としてオフィス内で使ったりします。
大型のマグネット印刷の強度ですが、車用の屋外だと使う環境によって違いますが大体1年から3年ぐらいの利用に適していて、塩ビシート・ラミネートは中期向けでラミネートはUVカット仕様になっていて車に貼り付けていても問題ありません。

大判のマグネット印刷は磁力を考慮して選ぶのがポイント

大判のマグネット印刷は磁力を考慮して選ぶのがポイント マグネット印刷は、手軽に広告を出すことができてとても便利です。
車にも貼ることができますし、基本的には磁石が付くところならどこにでも貼れて、看板のように撤去の手間がないメリットがあります。
大判のマグネット印刷をするなら、磁力を考慮した方が良いでしょう。

大きいとその分粘着力がないと風で飛ばされてしまったり、落下の危険性があるので注意が必要です。
磁力の強いものならその心配がありませんし、バランスを考えて大きさも指定するのをお勧めします。
業者によっては、作るときにアドバイスをしてくれるので、基本的には経験豊富な業者のアドバイスに従った方が良いものが作れます。

もちろん、デザインなどはフルオーダーにできるので個性を出したい人はオーダーの大きいものにしても良いですし、特にこだわりがない方はテンプレートから選ぶのもお勧めです。
マグネット印刷にはいろいろなメリットがあるので、最近は多くの会社が利用しています。

新着情報

◎2021/2/15

ネットで商品選択
の情報を更新しました。

◎2020/11/13

大判マグネット印刷の強度
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

汚れにも強いマグネット印刷
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「マグネット 強度」
に関連するツイート
Twitter

本型の箱完成しました〜!!!! アクセサリーを収納したまま飾っておける強度が欲しかったのと、小物入れみたいに使えるように、厚紙の中にマグネットを仕込んであってパチンと閉まるようになっています。

こちらですが、カレンダーが意外と重い&テープでマグネットが滑るため、この方法だと強度が足りないっぽい。 やはり壁に穴を開けるしかないか。 twitter.com/ayano_c/status…

エアフリーステッカー マグネット式にして脱着出来るように 痛車的なやつにするには 周りの目が🫣 強度とかどーなんやろ

返信先:他1人なるほど🤔最近のお風呂はほぼパッケージ?はめこみ?ですもんね🙄コンクリートより軽くて強度もまあある鉄を使用か… 別件なんですが、普通の部屋(リビングとか廊下)には鉄板ははめこまないのですか?全面マグネットならいーのにと常々思ってまして🥺

返信先:あ…でもマグネット強度によっては あのデカいポスターとか、重しで下にも付けたりすると落ちるかも??

真鍮線と合成ゴム系接着剤でピンの形状は補修 ピン留めする強度は弱まってるはずなのでマグネットシートを利用してマジンガーと合体させる予定