大判マグネット印刷の強度

大判マグネット印刷の強度

大判マグネット印刷の強度 大判マグネットとはB3以上の大きいサイズで、裏面が磁石になっているポスターのようなマグネット印刷になります。
裏面はマグネットなので磁石がつく鉄やスチールなら貼り付けや、外すことも可能で貼り替えがしやすく再利用も出来ます。
大きなサイズのマグネット印刷だと、業務用ロールタイプのシートを材料にし、例えば最大幅が1.0mや長さが5.0mなど特殊サイズも製作可能です。
他にも不定形サイズ・角を丸くする・自由な形にカット加工も出来ます。
商品PR・イベント告知・企業広告の車用や、交通安全・防犯用の車用、営業時間案内・お客を誘導する店舗用看板としても使えます。
他に表面へホワイトボードを施した予定票・工程表・目標展示用としてオフィス内で使ったりします。
大型のマグネット印刷の強度ですが、車用の屋外だと使う環境によって違いますが大体1年から3年ぐらいの利用に適していて、塩ビシート・ラミネートは中期向けでラミネートはUVカット仕様になっていて車に貼り付けていても問題ありません。

大判のマグネット印刷は磁力を考慮して選ぶのがポイント

大判のマグネット印刷は磁力を考慮して選ぶのがポイント マグネット印刷は、手軽に広告を出すことができてとても便利です。
車にも貼ることができますし、基本的には磁石が付くところならどこにでも貼れて、看板のように撤去の手間がないメリットがあります。
大判のマグネット印刷をするなら、磁力を考慮した方が良いでしょう。

大きいとその分粘着力がないと風で飛ばされてしまったり、落下の危険性があるので注意が必要です。
磁力の強いものならその心配がありませんし、バランスを考えて大きさも指定するのをお勧めします。
業者によっては、作るときにアドバイスをしてくれるので、基本的には経験豊富な業者のアドバイスに従った方が良いものが作れます。

もちろん、デザインなどはフルオーダーにできるので個性を出したい人はオーダーの大きいものにしても良いですし、特にこだわりがない方はテンプレートから選ぶのもお勧めです。
マグネット印刷にはいろいろなメリットがあるので、最近は多くの会社が利用しています。

新着情報

◎2021/2/15

ネットで商品選択
の情報を更新しました。

◎2020/11/13

大判マグネット印刷の強度
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

汚れにも強いマグネット印刷
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「マグネット 強度」
に関連するツイート
Twitter

“瞬着❗️”

家人は服に合わせ調整したいので、マグネット派。ただ、10ミリチョーカーのアコヤをマグネットクラスプに替えようとして、強度が懸念されると言われ、シルバー+キュービックのお洒落なクラスプのまま。真科研の花珠鑑別も取れたので、クラスプを替えるかすごく悩んでる。

cocoriangちゃんのマグネット取れまくるやつほんま皆さんどうしてるんやろ… わい短気なので穴に瞬着流してマグネットに瞬着スプレー拭いてソイ!!してるけどまぁすぐ取れるわ(せめて3G 高強度使おうとは思ってる)(思ってるだけ)

返信先:りーふちゃんありがと💛 私のも強度が心配だけど🥺笑 長いリボンを後ろで、縛ると少し安定するかな?✨ ロゼットは、持ち歩き仕様になるキラキラロゼットだよ💛あと、マグネット入ってます🌼 こちらこそいつもありがと🌼

返信先:マグネットだからその分の重さが出ちゃうよねえ。ある程度断面の面積確保しないとクラスプとしての働きの強度が担保できないし……

返信先:信号強度的には仕方ないですが クリアに来ていましたよ そう言えばご自宅のアンテナ・・・マグネット基台のでしたっけ? あちらは使用感どうです?